借金があっても生活保護は受けられる?生活保護をもらっている最中に借金はできる?

借金と生活保護 生活保護

借金があっても生活保護は受けられる?

答え:借金があっても生活保護は受けられるが、生活保護費で返済をしてはいけない

借金がある人は生活保護を受けられないというルールはありませんので、借金のある人でも生活保護を受けることはできます。しかし、生活保護費から借金を返済することは禁止されています。

お金を貸した側の人からすれば当然、借金を返済してもらえないと困るわけですから督促などして返済を迫ってくるでしょうが、あなたがひとたび生活保護を受け始めたならもう1円たりとも返済はしてはいけない決まりとなっているのです。

なぜ生活保護費から借金の返済をしてはいけないのか?

なぜそういうルールになっているのか?ざっくり説明すると、生活保護は「生きるため」に最低限必要なお金を支給することが目的で、借金を返済することはその「生きること」の範囲を超えていると解釈されるからです。

同様の理由から、生活保護費を使って限度を超えた貯金をすることも禁止されています。もとは税金のお金をもらってそれをため込んで個人が資産を形成することはおかしい、ということですね。

生活保護費から借金の返済をしてはいけない法的な根拠については、生活保護法第60条を挙げる法律家の方の意見が一般的なようです。

(生活上の義務)
第六十条 被保護者は、常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持及び向上に努めなければならない。

出典:厚生労働省

ちなみに借金の返済だけでなく、たとえば引っ越し時の敷金や礼金といった初期費用や引っ越し会社へ支払う費用などは基本的に生活保護費から支給されることになっていますが、退去時に修繕費を大家から請求された場合の費用などは最低限必要な支出とはいえないとみなされ、支給されないことが多いと言われています。

これは私も実際に体験したことです。幸い敷金の範囲で収まりましたが、これが仮に部屋を荒っぽく使っていて敷金をオーバーする金額の修繕費を請求された場合は自分で支払わなければならないと福祉事務所からは言われていました。

基本的には自己破産が選択肢となる

ですので、借金のある人が生活保護を受給して暮らしていくためには基本的には自己破産が選択肢となるでしょう。私は実際に多額の借金を抱えた状態で生活に行き詰り生活保護を受給することを決断しました。ケースバイケースと思いますが、私の場合は福祉事務所は積極的に「では破産してください」と勧めるようなことはありませんでした。「仕組み上そうなっているので」と説明されました。結果的に自分の意思で自己破産しました。

厳しい取り立てに合っているならすぐに弁護士等に相談すること

貸金業法では、貸金業者が弁護士等から債務処理の受任通知を受け取ったにも関わらず取り立て行為を行うことを禁止しています。ようするに弁護士が介入したらもう取り立てをしてはダメですよ、というルールです。

私も経験したことですが、弁護士からの受任通知が届くと実際に電話も書面もぴったりとなくなりました。何をもって取り立てとするかは議論の余地があるのかもしれませんが、そんなグレーなところに踏み込んでまで取り立てようとするのは名の通ったまともな企業ならありえないと思われます。

(取立て行為の規制)
第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
(中略)
九 債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。

出典:貸金業法

もしあなたが現在借金を抱えていて、かつ生活に困り生活保護の受給を考えているなら、自己破産に強い弁護士や司法書士をネットで探してください。その際に「法テラスは利用できますか?」と必ず確認してください。法テラスは所得の低い人や生活保護受給世帯のために裁判費用を立て替えてくれる組織です。

先に法テラスに問い合わせをしてもいいのですが、基本的に予約制なのですぐに相談してもらえるとは限りませんし、相談してすぐ着手してもらえるとは限りません。ですので1日も早く取り立てを止めてもらいたい場合は直接に破産に強い弁護士事務所を訪ねるほうが早いことが多いです。

生活保護受給中に借金をすることも禁止

これまで述べてきたように、生活保護費から借金を返済することは禁止されていますので、もちろんすでに生活保護を受給している人が新たに借金をして返済することも同様に禁止されています。発覚した場合は不正受給として処分される可能性があります。

おわりに

以上、生活保護と借金についてまとめました。
それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

自己破産して困ること – クレジットカードとデビットカードの違いとデメリット

タイトルとURLをコピーしました